So-net無料ブログ作成

【弾丸!九州横断】その6 いざ阿蘇山!その2 [旅行日記]

ところで、関西人にとって。
阿蘇山は未知の山。

[新月]旅行のおっちゃんは、電車とバスの発着時間しか書き記してくれてないので、
今ひとつ、具体的な道筋がわかりません。。。。
ネットで調べてみても、こう、よくわかりません。。。
コインロッカー情報は、各々の駅に表示しておいて欲しい。お願い☆
とりあえず、JRに乗っかって、阿蘇駅まで行きますよ。。。

電車は市街地を抜けて、のどかな田園風景へ。
某農〇職員のお友達が、まだ稲刈りしてないなんて、遅いなあ、みたいな感想を述べます。
ん、あったかいからかな、九州。

途中、立野という駅で停車中、運転手さんが列車の前から後まで歩いていきました。。。
「スイッチバック運転をしまーす」
ええええええ!?
ワンマンカーなので、まず駅に頭から突っ込んで、運転手さんそのまま後ろに歩いてって、
そっちを頭にして、切り替えポイントまで戻って、また、逆向きに歩いていって、そっちを頭にして、
れっつらごーですよ。
びっくり!
わたし、始めてみました、そんな省エネ運行。
列車はぐんぐん山道をのぼっていって、窓の外には、阿蘇山が見えてきました。
おお、阿蘇山!
もっと、岩岩した山かと思ったら、意外になだらかな緑緑しい山なのですね!
しかし、心配な事に、雲がかかっているかんじ、、、
IMG_0173.JPG
 
「いや、でも、われわれ晴れウィメンだから」

そうです、われわれ、仙台も白石も名古屋も高野山も熊野も、前日どれだけ荒れ狂っていようと、必ず晴天にする能力があるのです! ひとはそれを、「たまたま」という。。。

さて、阿蘇駅に到着ですよ。
IMG_0171.JPG
まずコインロッカーに荷物を放り込みます。
さすがに、道端においておくわけにはいかないからね!
そして、駅から直結しているバス会社の窓口に、阿蘇山を登るバス券の購入に向かいます。
窓口のお兄さんに
「そこの券売機で購入してください」
と、つめたくあしらわれます。。。

バスが来るまで、駅前の、直売所みたいなところで時間をつぶします。
レンタカーもココで借りれるようですよ。
観光案内所の窓口があったので、阿蘇山頂でも、お昼を食べるところはあるのか、たずねてみます。
「あります」
ひとことでした。
つめたっ。
でも、われわれ、二日目にしてちょっとわかってきました。
これは、つめたいんじゃなくって、これがスタンダードなんだわ、きっと。
ちょっとクール? 聞いたことにしかこたえてくれないかんじ?
関西人が人なつっこすぎるんだって、きっと。
聞いた以上の情報をおせっかいにも与えてくれる上に、手配までしようとするから。
われわれ、それになれすぎてるんだわ。
そんなかんじ。くすん。

さて、バスが来ましたよ。
欧米の方がけっこういらっしゃる。。。
阿蘇山は、欧米の方にも、きゃっちーにうつるのですね!
IMG_0174.JPGなおされてるけど。
さてさて、阿蘇山山頂まで50分のバスコース。
酔わないかが心配です。。。。

途中、草千里、という休憩所みたいなところに5分休憩して、さて、阿蘇山ですよ!
IMG_0187.JPG
カルデラカルデラ。
(ところで、カルデラというと、卵の殻をかぶった黒いひよこを思い出すのはわたしだけでしょうか。。。)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。